システムの品質チェックが
今までで一番簡単に。

確実な不具合報告とセキュリティチェック、第三者検証による安心感。
しかも今すぐ使えます。

詳細をみる

「仕様書どおりのテストはしない」

本サービスでは、誰でもできるテストは行ないません。代わりに10年来の開発経験を持つエンジニアの野澤をチーフテスターとし、その経験と直感力を活かし、テスト仕様書にとらわれない《自由探索形式》で ヒューリスティックスなテストをしていきます。こうしたテストは、典型的なバグから見つけにくいバグまで、短時間のうちに発見できることが特徴です。見つかった不具合は、BacklogやRedmineといったお客さまがお使いの課題管理システムへ、御社のプログラマが再現テストすることなく修正必要箇所が分かりやすい形でエンジニアが直接ご報告します。

どういうメリットがあるか

外部品質管理機関として徹底テスト

第三者の遠慮のない視点で、細かく厳しく見るため、開発者・設計者が気が付かなかった不具合が発見できます。
気軽に利用できる外部の品質管理部門としてご利用ください。

劇的なコスト削減

テスト仕様書を書くコストは不要です。また、コストや時間のかかる増員や既存メンバーの残業を増やしたりすることなく高品質なテストができます。

セキュリティをより完全に

XSSやSQLインジェクション、不正なアカウントの乗取りなど不正な操作がされないかを専門家がチェックします。

5分後にテスト開始

  • 最短で5分後にテストが開始できます。
  • テスト仕様書の作成は不要です。
  • 仕様の不明点はチャット等でお伺いしますが、基本は画面から仕様を推測します

たったの数時間で重大な不具合を発見

  • バグの発見が早いので、早期に修正に入れます。
  • 1時間で5〜10件のバグを報告(実績より)

開発者の貴重な時間を最大限に

  • プログラマが開発に集中できるようになります。
  • 明解な不具合報告で、開発者はすぐさまバグ修正に取り掛かれます。

ご利用の流れ

1

テストしたいアプリの情報を送る

テストをしたいウェブサイトのURLや、iOS/Androidアプリの情報をBugHuntに送るだけでテストが始まります。

2

ハンターがバグを探索!

バグハンターが経験と直感力をいかして次々とバグを見つけ出します。報告が来るまで少しお待ち下さい。

ご依頼のボリュームにもよりますが、1時間程度かかります。

3

見つかったバグの報告

見つかったバグはRedmine・Backlog・GitHub・Trelloといったお使いの課題管理システム、またはメールにて報告されます。

1

テストしたいアプリの情報を送る

テストをしたいウェブサイトのURLや、iOS/Androidアプリの情報をBugHuntに送るだけでテストが始まります。

バグ報告のサンプル

バグを直すのはプログラマです。バグ報告はプログラマのために書かれなければならないと考えます。BugHuntでは、同じプログラマの立場から、最も理解しやすい表現を選び、そして、すぐにでもバグ修正に取り掛かれるよう、情報に過不足のない簡潔明瞭な報告を行うように心がけています。

Backlogへの報告例

GitHub Issuesへの報告例

こんな方にお薦めです!

  • 発注者として、出来上がってきたものをリリースする前に、品質や脆弱性のチェックをしたい。
  • 開発者として、お客様に納品する前のチェックをしたい。
  • すぐリリースしたいんだけど、品質チェックしている時間が取れない…。
  • テストはある程度したんだけど、脆弱性などセキュリティについて心配。専門家にチェックしてほしい!
  • 開発が一通り終わったタイミングで!
  • 結合が終わってステージング環境にデプロイしたタイミングで第三者にチェックしてほしい!
  • テスト仕様書が無くてもテストしてほしい!
  • ウォーターフォールだけど、開発期間中に週一でチェックしてほしい!
  • アジャイルでイテレーションにつき1回!新ストーリーを重点的にテストしてほしい!など。

チーフハンター

野澤 秀仁

テスト自動化サービスShouldBeeの開発者。得意な言語はPHP・Scala・Go。これまで、業務系システムからコンシューマ向けモバイルアプリまで、様々なプロジェクトに携わっています。オープンな活動では、エンジニア向けスキル評価サービスCodeIQの出題者とテックライターを、書籍『実践ドメイン駆動設計』ではレビュアを努め、プログラマ向けナレッジ共有メディアQiitaにおいては19,000 Contributionを超える現役のプログラマです。本人いわく「なぜかバグを引いてしまう普段邪魔でしかないスキル」があるとのことで、BugHuntではこのスキルを活かしてバグを見つけていくと意気込んでいます。

ご利用料金

1時間 25,000円(税別)


・ご対応時間: 平日 10:00〜18:00
・ご利用は1時間単位でご予約いただけます。
・時間外のご対応は料金が50%増になります。

お客様の声

社内では発見できなかった脆弱性を発見していただきました。バグ報告も丁寧でわかりやすく、問題の発見からすぐに対策へと取り掛かることができました。非常に高いレベルで品質をチェックしていただいたので、弊社としてもお客様に対して安心してサービスを提供することができます。申し込みから最終報告まで、細かい相談にも乗ってくださり、本当に助かっております。社内のエンジニアからも「素晴らしいサービス」「利用料金以上の価値がある」という声があり、今後もアップデート毎にテストをお願いしようと思っています。
少人数のチームでは専任のQAエンジニアを抱えることが難しく、プロダクトオーナーかチーム内のエンジニアがテスト作業を行うこととなります。BugHuntを利用すると、チーム内にプロのQAチームを低コストで抱えることができるので、品質の良いソフトウェアをより速くユーザーに届けることができるようになりました。元々外部のチームであることから、ソフトウェアへの偏見も少なく、あらゆる環境でテストを行ってくれるので、自分たちのチーム内だけでは発見できなかったバグもリリース前の段階で見つけることができることが魅力です。

よくある質問と回答

Q
バグ発見数は保証してもらえますか?
A
バグの発見はベストエフォートのため、発見数の保証はできかねます。弊社では1時間で5〜10件のバグ発見の実績はございますが、当然ながら完成度の高いアプリの場合、統計上発見数は少なくなります。その場合、脆弱性が少ないことが確認されたという安心感を持っていただくことが出来ると思います。
Q
テストをしてもらうとシステムに影響はありますか?
A
脆弱性をついたり、普段あまりしなさそうな操作をしたりしますので、データ不整合が起きる可能性や、場合によってはサーバダウンが発生する可能性があります。本番環境でのテスト依頼の場合は十分注意して操作しますが、本サービス利用に当たって起こったトラブルは対応しかねますので、ステージング環境・開発環境でのご依頼をお勧めしております。また、本番環境でのテストをご依頼の場合は事前のバックアップをお願いしております。
Q
どれくらいの時間と費用で一通りのチェックをお願いできますか?
A
Web、iOS、Android合わせて2日(16時間)で一通りのテストができます(弊社実績より)
Q
継続的にお願いする場合、ディスカウントは相談できますか?
A
ボリュームディスカウントがあります。有効期間は最大6ヶ月分まで。詳細はご相談ください。
Q
どのような方法でテストを依頼できますか?
A
メール、チャット(Slack、Facebookメッセンジャー、Skype、ハングアウト、チャットワークなど)でご依頼頂けます。
Q
いつテストをしてもらえますか?
A
テストをして欲しいタイミングは予約制となっております。依頼フォームまたは依頼書にてご依頼ください。最短で即日で実施可能です(混雑状況によります)。
Q
細かい相談をすることもできますか?
A
はい、もちろんです。重点的にやってほしいところなどがあればお伝え下さい。
柔軟に対応できるのがこのサービスの最大の利点です。
Q
テスト依頼の際は、どのような情報を提供すれば良いですか?
A
弊社がいただく情報は以下の様な内容になります。
  • ウェブアプリ: ステージングまたはプロダクションなどのURL
  • iOS/Androidアプリ: ビルド済みのパッケージ(DeployGate等でのリモートでの安全な共有に対応)
  • Windows/macOSアプリ: exeやappを共有いただく
  • サービス概要・システム提案書など、アプリの概要が分かる資料(なくても構いません)
  • ログイン認証が必要なアプリの場合、ログイン情報をお伺いします。
Q
どの様な内容をチェックしてもらえるのですか?
A

バグだけでなく、UI改善のご提案・脆弱性のチェックも行っております。ご参考までに、これまで報告したものをいくつかご紹介します。

  • バグ: 性別を女性でユーザ登録しても、男性として登録される
  • バグ: メッセージに絵文字を含めると、絵文字以降の文章が消えてしまう
  • UI改善: iOSで電話番号の入力欄は、テンキーのキーボードを出すようにする
  • UI改善: iOS版・ウェブ版の文言「アカウント編集」にならい、Android版の文言を「アカウント設定」から「アカウント編集」に変更する
  • 脆弱性: URLに直接アクセスすると権限が無くとも情報が見れる(IDが連番なのでURLが推測可能)
  • 脆弱性: 投稿欄に<script>タグが使える(XSS脆弱性のご報告)
Q
機密保持契約の締結は可能でしょうか?
A

もちろん可能です😊

Q
どんな言語、どんなアプリ、どんな実行環境でもいいんですか?
A
私どもの端末で動かせれば良いので基本的に環境などの制約はありません🙂
ちなみにこういう環境はどうなの?というご質問を頂ければ具体的にお答えできます。
このページに設置しているチャットや、下記のお問合せフォームからご質問なども承っております。
Q
バグ発見数は保証してもらえますか?
A
バグの発見はベストエフォートのため、発見数の保証はできかねます。弊社では1時間で5〜10件のバグ発見の実績はございますが、当然ながら完成度の高いアプリの場合、統計上発見数は少なくなります。その場合、脆弱性が少ないことが確認されたという安心感を持っていただくことが出来ると思います。

お問い合わせ

BugHuntについてのお問い合わせは、こちらのフォームから受け付けております。
お気軽にご連絡・ご相談ください!

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信